お金をふやす

お金は使うとなくなるもの?お金の3種類の使い方。

こんにちは、こっとんです。

タイトルの「お金は使うと無くなるもの?」という質問に、皆さんは何と答えたでしょうか。
「そんなの当たり前じゃん!」と思った方もいるかもしれません。私も以前はそう思い、貯金だけを意識し、通帳の残高が増えていくのをニマニマ見ていたのですが(笑)、ある事をきっかけに「お金の使い方」を意識するようになりました。

「消費」「浪費」「投資」の違い

お金の使い方は、3種類あるという言葉を聞いたことがありますでしょうか。

それは、「消費・浪費・投資」の3つです。これらについて私なりに定義したいと思います。

まず「消費」とは、毎日の生活に必要な出費です。食費や光熱費などが該当します。工夫次第で節約も可能ですが0になることはありません。

次に「浪費」とは、必要ではないものや余分に使ってしまったお金のことです。定義は人それぞれですが、セールで衝動買いして結局着なかった服の購入などがこれに該当します。

最後に「投資」とは、お金を増やしたり、自分を成長させるためにお金をかけることです。お金を使って更に価値を増やすこととも言えます。

投資というと、株などがまず思い浮かぶかもしれませんが、本を買うことなど将来の自分の成長につながるための出費など広い意味が含まれます。

私のブログタイトルの「投資と貯金」にはこの意味が込められています

私がお金の「使い方」を意識するようになったきっかけ

貯金大好きだった私が、「使い方」を意識するようになったきっかけは、尊敬する上司のふとした言葉でした。

「お金は使わないと、入って来ないぞ!」

それまで、お金は貯めることで増やすもの、「お金を使わないこと」こそがお金を増やす近道だと思っていた私は衝撃を受けました。

その後も、ネットでビジネスをしている方の言葉や、投資をして一気に急成長した起業家さんを目の当たりにして、投資の重要性を実感しました。

自己投資マニアになった私…!浪費と投資の違い

「お金を使うこと」に目覚めた私は、今度は自己投資マニアになってしまいました(笑)
特にここ2、3年は、資格取得の講座、自己啓発の講座など…50万円以上投資してきました。
しかし必ずしも「勉強にお金を使うこと」=「投資」とは限りません。資格を取得しても活かせなければ、起業講座に通っても結果を出さなければ、「浪費」になってしまう可能性もあります。

とある本で読んだのですが、お金持ちはとにかく無駄遣いが少なく、徹底的に浪費を投資に変える意識を持っているそうです。
例えば、一流のブランド品を持つことも見栄のためではなく(中にはそういう人もいると思いますが)、資産価値が下がらないことや、更に価値が上がることを踏まえた上で購入しているそう。

私の場合「投資」のはずが、「浪費」になっていた…。そう気付いた私は、今度は「お金の使い方にこだわる」ことに目覚めます。

お金の使い方マイルール

「お金の使い方にこだわる」とはどういうことか、具体的に私なりのルールを紹介します♡

*外食するとき:値段ばかり気にせず、本当に食べたいものを選ぶ
*服を買うとき:流行やセールに惑わされず、本当に着たい服や似合う服を選ぶ
*人付き合い:気乗りしない付き合いは、勇気を持って断る

ポイントは、「自分の感情」を大切にすること!これで満足感が大きく変わってきます。

*自己投資するとき:参加や購入の目的をはっきりさせた上で投資する

例えば起業塾に通う場合、「卒業する時には月〇万円稼げる仕組みを作る」など、明確な目的を持つことをおすすめします!特に高額な投資をする時ほど意識しないと、後悔につながります。

まとめ

いかがでしたしょうか。改めて最初の問いをもう1度問います。「お金は使うと無くなるもの」でしょうか?

お金の使い方には、「消費・浪費・投資」の3つがあり、「消費」や「浪費」に使うお金は確かに無くなるものかもしれません。しかし「投資」という使い方を意識すれば、さらにお金を増やすことにつながります。

上手な投資をして、お金も心も豊かな生活を目指しましょう♡