お金をふやす

私の「お金との付き合い方」を28歳になった今振り返ってみた

こんにちは、こっとん(@olcotton365)です。

プロフィールに書いたように、私はお金に縛られている自分を変えるべく、28歳の今までお金についてたくさん考えて来ました!

今日は、私の「お金との付き合い方」に大きな影響を与えた本をご紹介します。

この3年間でお金との付き合い方がどう変わったか

まずは、私のお金との付き合い方がどう変わったかを簡単にまとめると、

・何を買うにも「安さ」が基準
・行動の基準も「付き合い」が基準
・貯金が最優先

から

・買うのも行動するのも「自分の感情」が基準
・投資も重視

という感じです!お金とうまく付き合えるようになってから、人生の満足感が格段にアップしました😊

「女性が28歳までに知っておきたいお金の貯め方」

今回ご紹介するのは、「女性が28歳までに知っておきたいお金の貯め方 」という本です。

私は、24歳の時にこちらの本に出会いました。社会人3年目の時ですね。あれから4年…28歳になった私が改めて読み返してみました!

プロローグ:自分らしい人生を送るために必要な3つ

プロローグに自分らしく自由な人生を実現するために必要なこととして、次の3つが挙げられていました。私もこの3つに関しては、たくさん悩み、考え、貴重な経験することができたと思います。

自分をよく知ること

自分が何をしたいのか。したくないことは何なのか。どんなときに幸せを感じるのか。何が得意で苦手なのか。

私もずっと「やりたいこと」が分からないというモヤモヤを抱えていました。勇気を出して行動して新しいコミュニティに参加したり、ブログで自分の考えを発信したりすることで、徐々にクリアになっていきました。

世の中の仕組みやルールをよく知ること

好きなことを仕事にするにはどうすればいいのか。仕事をうまくやるには、人に好かれるには、何が必要か。

私も6年間色々な人と関わって、色んなタイプの先輩たちを見て来ました。(そして上にも媚びず、淡々と働いて来ました。笑)一方で全く違った世界である、個人でのビジネスも学んできました。

お金と時間

どんな仕事をしてお金を稼ぐか。人生を楽しむために、どう使い、将来のためにどう貯めるか。

「貯める」ことしか考えていなかった、お金。どう使うかを意識するようになってから、出会いや経験が広がりました。

色々なお金の基準を挙げている点が素晴らしい!

改めて読んでも「人生の先輩」からのエールといったサパッとした語り口が心地よかったです。そして、「手取りの15%は貯金する」「住宅資金は年収の1.5倍」など、色々なお金の基準が明示されているのが、分かりやすいなと思いました。

また、「4つの口座」でお金を管理するという考え方、金融商品の全体像など、自分はしっかりと28歳までに身につけることができたなと思います。

 

28歳の今、読んで響いた言葉

子どもにお金は、かからない。親がお金を「かけている」だけ。

教育資金は、私の不安要素の1つです。自分が家庭環境で私立大学を諦めなくてはならなかった経験が影響していると思います。

でも、考え方を変えれば、自営業の家庭ながら、塾にも通わず、国立大学に進めたのだから、お金が全てでは無いとも捉えることができました。

「決断しない」のは、実は「何もしない、どこにも行かない決断をすること」。

将来の問題など緊急性のない問題は、つい考えるのを後回しにしがちです。でも、その間に歳は重ねていく…

選んだ道が違っていたとしても、修正すればいい。そんな気持ちで「決断」を重ねていくことが必要ですね!自分とじっくり向き合う時間をこれからも大切にしていきたいです。

 

28歳は女性の1つのターニングポイントみたい

改めて「28歳」というキーワードで、本を検索してみたところ、この本以外にも、いくつか28歳をテーマとした本を発見しました。(ちなみに27歳や29歳でも調べてみましたが、ほとんどありませんでした。)

確かに、28歳は30歳を目の前に色々考えてしまう時期。

子どもが小学生になる人もいれば、業界によっては仕事で管理職になる人も出てくる。

一方で、結婚もしていなければ、仕事も入社時からあまり変わらない…そんなモヤモヤを感じている方もいるかもしれません。

私も、先日も独身彼なしの同僚2人とご飯に行ったのですが、合コンやゴルフの予定を話していて、すでに遠い話の様に感じてしまいました…。

私も1回だけ「付き合い」でゴルフに行ったな…(遠い目)

私も現在ワーママへの道を歩き出したものの、良き仲間でありライバルだった同僚が、上のポストに就いたり、複雑な気持ちもあります。

でも、女性のキャリアに正解なんてない!

例え今キャリアで遅れを取ったとしても、長い目で見て、自分の選択に後悔が無いような決断をしていきたいな、と今は思っています😊