子育て

教育費は1000万必要って本当?貯めるべきは大学費用。我が家の貯める方法はこれ!

共働きOLのこっとんです。

子どもが生まれると、意識し始める教育費。「教育費は1000万円必要」との噂を耳にしたことはありませんか?私もそれを聞き、不安に思っていたのですが、貯金すべきはあくまで「大学の費用」ということが分かり、少し気持ちが楽になりました!

つまり、1000万円「かかる」こともありますが、必ずしも1000万円「貯める」必要があるわけではありません。

この記事では、教育費1000万円の内訳や、我が家の貯金方法をご紹介します。

教育費1000万円の内訳

「教育費は1000万円必要」とも耳にしますが、公立・私立や文系・理系などで費用は大きく異なり、必ずしも1000万円かかる訳ではありません。

オリックス生命保険株式会社> ピッタリ保険ナビ より引用

我が家は、高校まで公立・大学は私立理系を想定しているので約1150万円かかる計算になります。

しかし、1150万円のうち、大学費用だけで半分以上にあたる約600万円を占めていることが分かります。やはり負担が大きいのは、大学費用です。

 

保育園(幼稚園)〜高校までの教育費は月給からまかなう

とはいえ、大学に進学するまでは18年あります!18年後までに600万円を貯めるとなると、年間約33万円、月にすると3万円弱です。そう思うと貯められる気がしてきませんか♪

でも、大学に入るまでも教育費がかかるのでは?と思いますよね。確かに先ほどの表を見ると、どの時期も100万円以上かかると記載されています。しかし、これも月額に直せば現実的になります。

保育園~高校までオール公立の場合の教育費【月額】

・保育料(3歳未満):5万9000円
・保育料(3歳以上):3万2000円(今後、無償化?)
・小学校:月2万7000円
・中学校:月4万円
・高校:月3万4000円

保育料のみ我が家の実際の金額です😭

共働きの皆さん、保育料はなかなかの金額ですよね?・・・ここを乗り越えれば、少し余裕が生まれますね!トータルでかかるお金だと大きく感じますが、月額に直すと意外と安心できる金額だと分かると思います。

 

我が家の大学費用を貯める仕組み

続いて、我が家の貯金プランを参考までに紹介します。強制的に貯金する仕組みを作ることで、教育費への不安を取り除きます!

①児童手当を全額貯金→200万円

児童手当用の口座を作り、手を付けずに全額貯金にまわします。

■0~2歳
1万5000円×3年間=54万円
3歳~中学校卒業まで
1万円×12年間=144万円
■合計
54万円+144万円=198万円

これだけで、約200万円が貯まります!

②毎月2万円積立投信→432万円

こちらは、つみたてNISAで3本の投資信託を毎月合計2万円分購入して、貯金していきます。

金融商品、投資地域などを分散しリスクを抑えるよう意識しています。また信託報酬が少なく、低コストなものを選んでいます。仮に18年間購入し、5%のリターンで運用出来た場合、約700万円に増える計算です。

私は割とリスクに楽観的なので、学資保険ではなく、投資信託での運用を選びました

③年20万円ボーナスから貯金→360万円

②のリターンは必ずしも当てにしていないので、ボーナスからも貯金していきたいと思います。

①と②で私立理系でシミレーションされた600万円は貯金予定ですが、夫と同じ職業を目指す場合、大学だけで1000万円かかるので、一応1000万円を目指して貯金したいと思っています。

 

まとめ〜教育費はかかるものではなく、かけるもの!〜

以上が、現時点での我が家の貯金プランです。今後、第2子も考えているのでまた変わるかもしれませんが、①・②は必ず継続します!

大学までは月給からまかなうといっても塾の費用は?、県外の大学に進学した場合の家賃は?など、不安はつきませんが、貯金にも限度があります。

しかし、ある程度貯金の仕組みを作っておけば、都度「このお金使って大丈夫かな?」と心配することはありません。私は節約や貯金もしつつ、気持ちよく「使う時は、使う!」というのを目指しています。

また以前、本で読んだ「教育費はかかるものではなく、かけるもの!」という言葉がとても印象に残っています。あまり不安になりすぎず、都度本当に必要なお金なのか判断していきたいと思います♪