妊娠・出産

妊婦健診の頻度・回数、費用の自己負担額は?【妊娠7ヶ月~出産まで】

こんにちは、こっとん(@olcotton365)です。

妊婦健診の頻度・回数、費用の自己負担額は?【妊娠発覚~妊娠20週まで】では、妊娠20週までの健診について、自己負担額は、約4万円と書きました。

今回は、それ以降から出産までにかかった費用ついて書きます。なお、私は「予定帝王切開」での出産でした。

 

妊娠7ヶ月(24週)〜9ヶ月(35週)にかかった自己負担額

妊娠7ヶ月(24週)から健診の頻度は2週に1回になりました。

3ヶ月間で6回の健診を受け、自己負担が発生したのは、28週の健診でCBCという血液検査を行った時だけでした。金額は3500円です。

 

妊娠10ヶ月(臨月)にかかった自己負担額

臨月は健診の頻度は1週に1回になります。私の場合、逆子が理由で37週に帝王切開で出産したため健診は36週の1回だけでした。

その際、帝王切開の手術を受けるにあたっての必要なX線検査代など5230円の自己負担がありました。

 

出産(帝王切開)での自己負担額

出産の際の費用は、加入している健康保険から「出産育児一時金」として1児につき42万円が支給されます。

しかし実際には、42万円を超えてしまい差額を自己負担するケースが多いようです。私が出産した総合病院でも、分娩に伴う入院費用は自然分娩の場合は約55万円〜60万円、帝王切開の場合は約45万円と事前に案内がありました。

帝王切開の方がお金がかかると思ってた!

帝王切開手術に関わる費用は、病気などで通院した場合と同じように3割負担となるため負担が少なくなります。

私の場合、帝王切開と入院費などでかかった総額は363,100円でした。

よって出産育児一時金の42万円に収まり、自己負担は0円。むしろ差額の約6万円を受け取ることができました。

他にも働いている会社の独自給付で約5万円、加入していた民間の医療保険から14万円(手術10万円、入院5000円×8日)が支払われ、なんと19万円もいただきました。

まさか出産でお金がプラスになるなんて・・・なんて経済的な娘ちゃん!

 

まとめ〜妊娠発覚から出産までに病院でかかった費用〜

総合病院(セミオープン)で予定帝王切開で出産した私の場合に、かかった費用のまとめです。

妊娠週数 健診回数 自己負担
妊娠確定まで(母子手帳交付前) 計2回 6週:8000円、8週:8000円、10週:5000円
~6ヶ月(23週) 4週に1回(計4回) 12週:9000円、20週:1万円
~9ヶ月(35週) 2週に1回(計6回) 28週:3500円
10ヶ月(36週)~ 1週に1回(計1回) 36週:5230円
出産(37週・帝王切開) 0円(出産育児一時金42万円以内のため)

あくまで私の場合ですが、総額は48370円でした。

仮に出産費用が42万円以上かかった場合も、確定申告を行うことで医療費控除で税金が戻ってくるケースがあります。妊婦健診費用や通院や入院時の工数費、入院費用などの領収証などは保管しておきましょう!